降る雪や明治は遠くなりにけり

ふるゆきや めいじはとおく なりにけり

降る雪や明治は遠くなりにけり第一句集「長子」(1936年)所収の中村草田男の俳句。草田男が東大生だった昭和6年(1931年)の雪の日に、母校・青南小学校を訪れた際に詠まれ、1月の東大俳句会に出句。その年の「ホトトギス」3月号に掲載された。草田男は、明治44年(1911年)から、7月に改元となる明治45年まで、青南小学校に通っている。
明治100年となる昭和43年(1968年)頃、この句の一節「明治は遠くなりにけり」が流行。それと同時に、志賀芥子の「獺祭忌明治は遠くなりにけり」の剽窃との噂も立ったが、二物衝撃で論破している。

▶ 中村草田男の句

歳時記とは今日の俳句歳時記俳人検索俳句の辞世句歳時記俳句暦歳時記俳句関連骨董品



中村草田男 私の愛誦句鑑賞/鍵和田【ユウ】子【1000円以上送料無料】
2420円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 
【bookfan 2号店 楽天市場店】