鰯雲ひとに告ぐべきことならず

いわしぐも ひとにつぐべき ことならず

加藤楸邨の、昭和13年(1938年)の俳句。翌年発表の「寒雷」収録。難解派とも呼ばれる楸邨にあって、難解句の代表ともされる俳句。

一般的な解釈では「告ぐべきことならず」を禁止の意として捉え、心の内と天との対比を鑑賞する。けれどもそれを否定として捉えたならば、方向性を持った鰯雲を天啓として、頭上を素通りしていってしまう様を鑑賞することも可能である。


▶ 加藤楸邨の俳句

俳句と季語俳句検索俳人検索俳句の辞世句俳句暦俳句関連骨董品