ともかくもあなた任せの年のくれ

ともかくも あなたまかせの としのくれ

一茶の名句|悲しみの中にたどり着いた境地

ともかくもあなた任せの年のくれ「おらが春」の最後、文政2年(1819年)12月29日の日付が見える小林一茶の句である。その「おらが春」には、下記のようにある。

他力信心信心と一向に他力にちからを入れて頼み込み候輩は、つひに他力縄に縛れて、自力地獄の炎の中へほたんとおち入候、其次に、かかるきたなき土凡夫をうつくしき黄金の膚になしくだされと、阿弥陀佛におし誂へに誂ばなしにしておいて、はや五體は佛染み成りたるやうに悪るすましなるも、自力の張本人たるべく候。問ていはく、いか様に心得たらんには、御流儀に叶ひ侍りなん。答ていはく、別に小むづかしき子細は不存候、ただ自力他力何のかのいふ芥もくたを、さらりとちくらが沖へ流して、さて後生の一大事は、其身を如来の御前に投出して、地獄なりとも、極楽なりとも、あなたさまの御はからひ次第あそばされくださりませと、御頼み申ばかりなり。如斯決定しての上には、なむあみだ佛といふ口の下より、慾の綱をはるの野に、手長蜘の行ひして、人の目を霞め、世渡る雁のかりそめにも、我田へ水を引く盗み心をゆめゆめ持べからず、しかる時は、あながち作り聲して念佛申に不及、ねがはずとも佛は守り玉ふべし、是則、當流の安心とは申なり、穴かしこ   五十七齢

 ともかくもあなた任せの年のくれ  一茶
 
 文政二年十二月廿九日

この文面に現れるように、「あなた」は「阿弥陀仏」である。この年の6月、授かった長女さとを亡くしているが、「おらが春」は、そのさとに捧げられるように記されたものである。浄土真宗の門徒であった一茶。年末を悲しみの中で迎えながらも、「ともかくも阿弥陀さまに全てをお任せいたします」と、その信仰を強くしている様子が伺える。

▶ 小林一茶の句

歳時記とは今日の俳句歳時記俳人検索俳句の辞世句歳時記俳句暦歳時記俳句関連骨董品



【中古】 俳句かな川柳ですか五七五 自己流句集 / 平成の一茶 / 文芸社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
30314円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【もったいない本舗 楽天市場店】