季語|夕焼(ゆうやけ)

晩夏の季語 夕焼

夕焼雲(ゆうやけぐも)・ゆやけ

季語季語として春夕焼、秋夕焼、冬夕焼もあるが、単に「夕焼」といった場合は夏の季語となる。夕焼の翌日は晴れるという。

夕焼の言葉が成立したのは比較的新しく、江戸時代後半に「夕焼」を詠んだ句が散見される。季語となったのは明治以降である。なお、中世には「ほてり」と呼んでいたらしい。中国では夕焼に「霞」の字を当てる。「やけ」も夕焼けを指す言葉として使われているが、朝焼けにも使用されていることから、「やけ」とは「明け」あるいは「朱」の転訛かもしれない。

【夕焼の俳句】

愛欲やしかし夕焼を眼に入れて  秋元不死男

 インターネット歳時記