季語|春深し(はるふかし)

晩春の季語 春深し

春闌く(はるたく)・春闌(はるたけなわ)

春深しの季語と俳句春も、桜が散りはじめた後。拾遺集に紀貫之で

春深くなりぬと思ふを桜花 散る木のもとはまだ雪ぞふる

とある。
春も半ばを過ぎると、様々な行事が一区切りし、寂しさが漂いはじめる。

【春深しの俳句】

まぶた重き仏を見たり深き春  細見綾子

 インターネット歳時記