俳句

高浜年尾

ホトトギスを支えた高浜虚子の実子

たかはまとしお

1900年12月16日~1979年10月26日。東京市神田区(千代田区)出身。高浜虚子を父とする。長女は坊城中子、次女は稲畑汀子。虚子からホトトギス主宰を継承した。

▶ 高浜年尾の俳句


 高浜年尾の年譜
1900年 明治33年 12月16日、東京市神田区猿楽町に虚子・いと夫妻の長男として生まれる。(*1)
1916年 大正5年 開成中学校から小樽高等商業学校(小樽商科大学)に進む。
1924年 大正13年 旭シルクに入社。
1928年 昭和3年 長女中子生まれる。
1931年 昭和6年 次女汀子生まれる。
1933年 昭和6年 三女朋子生まれる。
1935年 昭和10年 転勤で、横浜から芦屋に転居。
1936年 昭和11年 長男初也が生まれる。
1938年 昭和13年 俳誌「俳諧」を創刊し主宰となる。
1939年 昭和14年 旭シルク退社。
1944年 昭和19年 「俳諧」を「ホトトギス」に移す。
1946年 昭和21年 「俳諧手引」刊行。
1951年 昭和26年 ホトトギス雑詠選者となる。
1957年 昭和32年 「年尾句集」刊行。
1959年 昭和34年 朝日俳壇選者となる。虚子よりホトトギス主宰を継承。
1979年 昭和54年 10月26日死去。78歳。
*1 年尾は、正岡子規がつけた本名。俳句は、虚子の指導を受け、13歳でホトトギスに投句。