季語|火恋し(ひこいし)

晩秋の季語 火恋し

火恋しの季語と俳句秋の深まりとともに、火の気が恋しくなってくる。
暖房設備の充実や環境保全などの理由から、火を焚いて暖を取ることは少なくなったために、絶滅危惧種に指定されてもおかしくない季語である。

【火恋しの俳句】

歩みとどめればたちまち火の恋し  檜紀代

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA