俳句

季語|雪吊(ゆきつり・ゆきづり)

晩冬の季語 雪吊

雪吊の俳句と季語樹木の枝が雪の付着で折れないように、縄で枝を支える。リンゴの実の重さから枝を守るために行ったことを起源とし、明治の終わりに導入された柱の先から放射状に縄を張る「りんご吊り(芯立て)」が一般的。ほかに、幹から縄を張り枝を支える「幹吊り」などがある。金沢市の兼六園が有名で、11月1日から作業を始め、3月まで見られる。東京でも、甘泉園公園や六義園などで見られる。

【雪吊の俳句】

雪吊りをされて身動きできぬ影  高崎武義

雪吊で有名な兼六園近くの宿

石川県金沢市にある日本庭園「兼六園」は、国の特別名勝で日本三名園の一つ。1676年(延宝4年)に、加賀藩4代藩主の前田綱紀が「蓮池御殿」を建てたのが、兼六園の始まり。1759年(宝暦9年)に焼失したものの、1774年(安永3年)に再興。兼六園の名は、松平定信が「洛陽名園記」を引用して、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。


ダイワロイネットホテル金沢MIYABI
電話番号 076-223-6186
JR金沢駅 金沢港口(西口)より徒歩にて約3分! 小松空港から金沢駅直通バスで40分!

天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢(ドーミーイン・御宿野乃 ホテルズグループ)
電話番号 076-263-9888
JR 金沢駅東口から徒歩2分、フォーラス前

ダイワロイネットホテル金沢駅西口
電話番号 076-224-5280
JR金沢駅港口(西口)より徒歩4分

スマイルホテル金沢西口駅前
電話番号 076-221-8311
JR北陸新幹線「金沢駅」西口より徒歩約4分

ダイワロイネットホテル金沢
電話番号 076-224-7755
JR北陸本線 金沢駅東口より徒歩3分/東京方面より 金沢東ICより約10分/大阪方面より 金沢西ICより約15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA