除夜の鐘(じょやのかね)

暮の季語 除夜の鐘

季語除夜とは除日(古いものを除き去る一年の一番最後の日)の夜のこと。主な寺院では、大晦日の深夜に107回、新年明けてすぐに1回、合わせて108回梵鐘を撞く。その数は、煩悩の数と言われている。
除夜の鐘の起源は宋にあり、日本には鎌倉時代の禅寺に伝来したと考えられている。

行き暮れしものの思ひぞ除夜の鐘  殿村菟絲子

インターネット歳時記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA