北風(きたかぜ・きた・ほくふう)

三冬の季語 北風

寒風(かんぷう)

季語 北風冬に、大陸から吹き寄せてくる北よりの風には、身を切るような冷たさがある。日本海側では、海の湿気を吸い上げて雪となり、山を越えて太平洋側に出るにつれて、乾燥した風となる。

童謡「たき火」には、「北風ぴいぷう吹いている」と歌われる。また、「北風と太陽」は、イソップ物語の中でも特に有名な寓話のひとつである。

北風の奪へる声をつぎにけり  中村汀女

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA