枯木(かれき)

三冬の季語 枯木

枯木立(かれこだち)枯木山(かれきやま)

季語 枯木俳句の世界では、立ち枯れした木のことではなく、冬になって葉を落とした木のことを言う。
「こぼく」と言えば、立ち枯れの木のことを指し、「無心」をも指す。また「枯木(こぼく)花開く」という言葉があり、衰えゆくものが再び脚光を浴びることをいう。

橋かけてさびしさ通ふ枯木山  岡本眸

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA