冴返る(さえかえる)

初春の季語 冴返る

季語春先、暖かくなり始めた頃に急に寒さが戻ることがある。「寒の戻り」と言ったり「凍返る」と言ったりもする。関連季語に「余寒」がある。
和歌に由来する季語であり、藤原為家が

さえかへり山風あるる常盤木に 降りもたまらぬ春の沫雪

と歌っている。また謡曲八島に、「思いぞ出づる昔の春 月も今宵に冴えかえり」と、義経の幽霊が現れる。

三日月はそるぞ寒はさえかへる  小林一茶
人に死し鶴に生れて冴え返る  夏目漱石

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA