季語|綿虫(わたむし)

初冬の季語 綿虫

大綿(おおわた)雪蛍(ゆきほたる)雪虫(ゆきむし)雪婆(ゆきばんば)

綿虫の俳句と季語アブラムシ科の昆虫で、白腺物質を分泌するものの通称。リンゴの害虫として知られるリンゴワタムシや、ワタアブラムシ、トドノネオオワタムシなどがある。
暖かい時期には単為生殖を行うが、越冬前に翅を持った成虫が現れ、交尾する。その、ふわふわと飛ぶ様が小雪のように見える。

春の季語となる「雪虫」もあるが、こちらは、初春の雪上に見られるセッケイカワゲラである。

【綿虫の俳句】

大綿の骸草の香したりけり  荒井和昭

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA