季語|水木の花(みずきのはな)

初夏の季語 水木の花

水木の花の俳句と季語ミズキ科ミズキ属の落葉高木で、クルマミズキ(車水木)・ハシノキともいう。早春に枝を切ると、水のように樹液が流れ出てくることから「水木」と呼ばれている。「ハシノキ」と呼ぶのは、祝い箸の材料になったところからくる。
北海道から九州にかけて自生し、5月から6月にかけて花をつける。白色の小花の散房花序となる。街路樹や公園樹としてもよく植えられている。

春の季語に「花水木」があるが、こちらは近代になってアメリカから入ってきたもので、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木「ハナミズキ」である。

【水木の花の俳句】

かはたれの水木の花のうすなさけ  松本光太郎

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA