川端茅舍(かわばたぼうしゃ)

茅舎浄土と呼ばれる境地 川端茅舍

約束の寒の土筆を煮て下さい

1941年発刊「白痴」収録。「二水夫人土筆摘図」八句のうちの一句。二水夫人とは、あをきり句会会長の藤原二水の夫人。死の半年前の句。

▶ 川端茅舍の俳句

 川端茅舍年譜(7月17日 茅舍忌)
1897年 明治30年 8月17日、東京市日本橋蛎殻町で生まれる。(*1)
1914年 大正3年 「茅舎」と名乗り句作。
1918年 大正7年 洋画家の岸田劉生に師事。
1934年 昭和9年 ホトトギス同人。
1941年 昭和16年 7月17日、肺患の悪化により大森区桐里町(現・東京都大田区池上)の自宅で死去。43歳。戒名は青露院茅舎居士。龍子らとともに伊豆の修善寺に埋葬。
*1 紀州藩の下級武士の家に生まれる。父・信吉は「寿山堂」名乗る風流人。腹違いの兄に日本画家・川端龍子。本名は信一(のぶかず)。