俳句

俳人検索結果



川端茅舎 

一枚の餅のごとくに雪残る 
ぜんまいののの字ばかりの寂光土  (華厳)
どくだみや真昼の闇に白十字  (華厳)
約束の寒の土筆を煮て下さい  (白痴)
桜鯛かなしき目玉くはれけり 
日天子寒のつくしのかなしさに  (白痴)
寒のつくしたづねて九十九谷かな  (白痴)
寒の野のつくしをかほどつまれたり  (白痴)
寒の野につくしつみますおんすがた  (白痴)
蜂の子の如くに寒のつくづくし  (白痴)
寒のつくし法悦は舌頭に乗り  (白痴)
寒のつくしたうべて風雅菩薩かな  (白痴)
草餅の柔かければ母恋し 
土不踏ゆたかに涅槃し給へり 
蜂の尻ふはふはと針をさめけり 
此石に秋の光陰矢のごとし 
舷のごとくに濡れし芭蕉かな 
ひらひらと月光降りぬ貝割菜 
初春の二時うつ島の旅館かな 
蝶の空七堂伽藍さかしまに 
繽紛と飛燕の空となりにけり 
風薫る鹿島の杉は剣なる 
御空より発止と鵙や菊日和 
白樺の霧にひびける華厳かな 
法師蝉しみじみ耳のうしろかな 
新涼や白きてのひらあしのうら 
畑大根皆肩出して月浴びぬ 
一天や鶯の声充ち満ちぬ 
朴散華即ちしれぬ行方かな 
金剛の露ひとつぶや石の上 
夏痩せて腕は鉄棒より重し 
白露に阿吽の旭さしにけり 
白露に金銀の蝿とびにけり 
ひろびろと露曼荼羅の芭蕉かな 
露散るや提灯の字のこんばんは 
蛙の目越えて漣又さゞなみ 
紀三井寺漁火の上なる春灯 
平林寺門前竹の秋の関 
蝶々にねむる日蓮大菩薩 
雪晴の障子細目に慈眼かな 
しんしんと雪降る空に鳶の笛 
月の雪あをあを闇を染めにけり 
物陰に月の雪あり一とちぎれ 
渦巻いて芒は雪を被り居り 
誰か来るみつしみつしと雪の門 
雪模様卒都婆の垣をかためけり 
スキーの娘中禅寺湖を眼に湛へ 
夜もすがら汗の十字架背に描き 
夕空の土星に秋刀魚焼く匂ひ 
兜虫み空へ兜ささげ飛ぶ 
河骨の金鈴ふるふ流れかな 
からくりの鉦うつ僧や閻魔堂 
翡翠の影こんこんと溯り 
夏薊礎石渦巻くおそろしき 
しんしんと夜の光の草茂る 
金輪際わり込む婆や迎鐘 
茴香の夕月青し百花園 
頬白やひとこぼれして散りぢりに 
放屁虫かなしき刹那刹那かな 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に