林翔

「沖」の最高顧問を務めた林翔

はやししょう

1914年1月24日~2009年11月9日。長野県長野市出身。「馬酔木」同人。「沖」最高顧問。俳人協会顧問などを歴任。

▶ 林翔の俳句



【中古】 初学俳句教室 / 林 翔 / KADOKAWA [単行本]【メール便送料無料】
1085円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【古本倶楽部 楽天市場店】

 林翔の年譜
1914年 大正3年 1月24日に長野県長野市に生まれるも、母と死別し、祖母に育てられる。(*1)
1932年 昭和7年 國學院大學で能村登四郎と知り合う。(*2)
1939年 昭和14年 旧制私立市川中学(現・市川高等学校)に勤務。
1940年 昭和15年 水原秋桜子の「馬酔木」に入門。
1950年 昭和25年 「馬酔木」同人となる。
1970年 昭和45年 登四郎が「沖」を創刊すると、編集長に就任。句集「和紙」刊行。
1971年 昭和46年 「和紙」で第10回俳人協会賞。
1975年 昭和50年 句集「寸前」刊行。
1983年 昭和58年 「沖」副主宰。
1984年 昭和59年 句集「幻化」刊行。
1989年 平成元年 句集「春菩薩」刊行。
2001年 平成13年 「沖」最高顧問。
2004年 平成16年 句集「光年」刊行。
2005年 平成17年 「光年」で第20回詩歌文学館賞。
2009年 平成21年 11月9日、膵臓癌により亡くなる。95歳。
*1 本名は昭。
*2 登四郎とともに短歌雑誌「装填」同人となるが、廃刊後に俳句に転向。