俳句

深見けん二(ふかみけんじ)

花鳥来を創刊した深見けん二

1922年3月5日~2021年9月15日。福島県出身。高浜虚子山口青邨に師事。「夏草」「ホトトギス」「珊」同人。「花鳥来」創刊・主宰。「菫濃く」で第48回蛇笏賞受賞。俳人協会名誉会員、日本文藝家協会会員、楊名時太極拳師範。

▶ 深見けん二の俳句



水影 深見けん二句集 (ふらんす堂文庫) [ 深見けん二 ]
1320円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【楽天ブックスならいつでも送料無料】 【楽天ブックス】

 深見けん二の年譜・略歴
1922年 大正11年 3月5日、高玉鉱山(郡山市)に生まれる。本名は深見謙二。(*1)
1941年 昭和16年 府立第五中学校在学中にホトトギスに投稿し、高浜虚子に師事。後に深川正一郎の指導を受ける。(*2)
1942年 昭和17年 山口青邨に師事。
1953年 昭和28年 「夏草」同人となる。
1956年 昭和31年 句集「父子唱和」刊行。
1959年 昭和34年 「ホトトギス」同人となる。
1977年 昭和52年 句集「雪の花」刊行。
1982年 昭和57年 句集「星辰」刊行。
1989年 平成元年 「珊」を創刊し、同人となる。
1991年 平成3年 「Fの会」を土台として「花鳥来」を創刊し、主宰。
1992年 平成4年 句集「花鳥来」で第31回俳人協会賞を受賞。
1996年 平成8年 評論集「虚子の天地」刊行。
2006年 平成18年 句集「日月」で第21回詩歌文学館賞俳句部門を受賞。
2009年 平成21年 句集「蝶に会ふ」刊行。
2014年 平成26年 句集「菫濃く」で第48回蛇笏賞、第13回山本健吉賞を受賞。
2018年 平成30年 句集「夕茜」刊行。
2021年 令和3年 句集「もみの木」刊行。9月15日、誤嚥性肺炎のため埼玉県所沢市で亡くなる。99歳。
*1 府立第五中学校から東京帝国大学工学部冶金科に進み、卒業後は東大冶金科研究室勤務を経て日本鉱業に勤める。定年退職後、日興エンジニアリング勤務。
*2 大学卒業後「ホトトギス新人会」を結成。