山本荷兮

やまもとかけい

「冬の日」などを編集した蕉門の俳人

慶安元年(1648年)~享保元年8月25日(1716年10月10日)。尾張名古屋(愛知県)の医師。名は周知、別号に加慶・橿木堂など。松尾芭蕉に師事。芭蕉七部集の「冬の日」「春の日」「阿羅野」の編者。
名古屋蕉門の中心人物であったが、新風を追求する芭蕉に対抗するように「橋守」を編集するなどして、芭蕉から離れた。晩年には連歌師に転じ、法橋に叙されている。

▶ 山本荷兮の句

 インターネット歳時記