松尾芭蕉の野ざらし紀行

野ざらし紀行の日程表と句

「野ざらし紀行」は、1685年(貞享2年)に成立。芭蕉死後の1768年(明和5年)に刊行。真蹟本として、天理本と藤田本がある。芭蕉が定めたタイトルは無く、「甲子吟行」「芭蕉翁甲子の紀行」「芭蕉翁道乃紀」「草枕野ざらし紀行」などともいう。
貞享元年(1684年)秋から貞享2年(1685年)夏にかけての関西方面への旅の内容を記した紀行文で、門弟の苗村千里が、千里の故郷の大和国葛下の郡竹の内まで随行。天和3年(1683年)6月20日に亡くなった母の墓参も目的とした旅で、芭蕉はじめての紀行文となった。
道中、尾張連衆と歌仙を巻き、後に俳諧七部集の一つ「冬の日」が成るなど収穫の多い旅で、蕉風を確立した旅でもあった。

▶ 松尾芭蕉の年譜
▶ 松尾芭蕉の人物と功績
▶ 「野ざらし紀行」超現代語訳と原文および解説



野ざらし紀行 現代語訳付【電子書籍】[ 松尾芭蕉 ]
300円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【電子書籍なら、スマホ・パソコンの無料アプリで今すぐ読める!】 【楽天Kobo電子書籍ストア】

 野ざらし紀行(藤田本)
貞享元年
(1684)
8月中旬 江戸を発つ
 野ざらしを心に風のしむ身哉(芭蕉)
 秋十とせ却て江戸を指古郷(芭蕉)
箱根の関
 雰しぐれ冨士をみぬ日ぞ面白き(芭蕉)
 深川や芭蕉を冨士に預行(千里)
冨士川
 猿を聞人捨子に秋の風いかに(芭蕉)
大井川
 秋の日の雨江戸に指おらん大井川(千里)
 道のべの木槿は馬にくはれけり(芭蕉)
8月20日過 小夜中山
 馬に寝て残夢月遠し茶のけぶり(芭蕉)
8月30日 伊勢神宮外宮
 みそか月なし千とせの杉を抱あらし(芭蕉)
西行谷の麓
 芋洗ふ女西行ならば歌よまむ(芭蕉)
 蘭の香やてふの翅にたき物す(芭蕉)
閑人の茅舎
 蔦植て竹四五本のあらし哉(芭蕉)
9月初旬 故郷の伊賀上野
 手にとらば消んなみだぞあつき秋の霜(芭蕉)
大和国葛下の郡竹の内
 わた弓や琵琶になぐさむ竹のおく(芭蕉)
二上山當麻寺
 僧朝顔幾死かへる法の松(芭蕉)
吉野山
 砧打て我にきかせよや坊が妻(芭蕉)
 露とくとく心みに浮世すゝがばや(芭蕉)
後醍醐天皇陵
 御廟年経て忍は何をしのぶ草(芭蕉)
関ヶ原の常盤御前の墓
 義朝の心に似たり秋の風(芭蕉)
不破の関
 秋風や藪も畠も不破の関(芭蕉)
9月下旬 大垣
 しにもせぬ旅寝の果よ秋の暮(芭蕉)
10月 桑名本當寺
 冬牡丹千鳥よ雪のほとゝぎす(芭蕉)
 明ぼのやしら魚しろきこと一寸(芭蕉)
熱田神宮
 しのぶさへ枯て餅かふやどり哉(芭蕉)
名古屋周辺
 狂句木枯の身は竹斎に似たる哉(芭蕉)
 草枕犬も時雨ゝかよるのこゑ(芭蕉)
 市人よ此笠うらふ雪の傘(芭蕉)
 馬をさへながむる雪の朝哉(芭蕉)
 海くれて鴨のこゑほのかに白し(芭蕉)
12月末 故郷の伊賀上野
 年暮ぬ笠きて草鞋はきながら(芭蕉)
貞享2年
(1685)
正月 故郷の伊賀上野
 誰が聟ぞ歯朶に餅おふうしの年(芭蕉)
2月 奈良への道
 春なれや名もなき山の薄霞(芭蕉)
二月堂
 水とりや氷の僧の沓の音(芭蕉)
2月下旬 京都の三井秋風の鳴瀧の山家
 梅白し昨日ふや靏を盗れし(芭蕉)
 樫の木の花にかまはぬ姿かな(芭蕉)
3月上旬 伏見西岸寺
 我がきぬにふしみの桃の雫せよ(芭蕉)
大津への道
 山路来て何やらゆかしすみれ草(芭蕉)
大津の本福寺別院
 辛崎の松は花より朧にて(芭蕉)
3月中旬 甲賀の水口
 命二つの中に生たる櫻哉(芭蕉)
尾張への道中
 いざともに穂麦喰はん草枕(芭蕉)
 梅こひて卯花拝むなみだ哉(芭蕉)
 白げしにはねもぐ蝶の形見哉(芭蕉)
熱田
 牡丹蘂ふかく分出る蜂の名残哉(芭蕉)
4月 甲斐の山中
 行駒の麦に慰むやどり哉(芭蕉)
4月末 深川の芭蕉庵
 夏衣いまだ虱をとりつくさず(芭蕉)

▶ 松尾芭蕉の俳句
▶ 松尾芭蕉の句碑
▶ 松尾芭蕉関連グッズ

野ざらし紀行中の世間の出来事

【貞享元年8月28日(1684年10月7日)】江戸幕府大老・堀田正俊が江戸城内で暗殺される。
【貞享元年10月21日(1684年11月27日)】紀州藩に徳川吉宗が生まれる。
【貞享2年2月中旬(1685年3月21日)】作曲家の大バッハがドイツに生まれる。