松尾芭蕉の年譜・略歴

俳聖芭蕉の足跡(年譜・略歴)

【松尾芭蕉の略歴】寛永21年~元禄7年10月12日(1644年~1694年11月28日)享年51。伊賀国(三重県)に生まれた俳諧師。北村季吟に師事。蕉風と呼ばれる俳風を確立し、「俳聖」と呼ばれる。紀行文「おくのほそ道」は、不朽の名作として世界に知られている。

▶ 俳聖芭蕉の功績と句について



木村亮平『ひなの家』(俳画:松尾芭蕉)色紙絵
3762円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【メール便(ネコポス)ご利用で日本全国送料250円】 【内田画廊】

以下、松尾芭蕉の略式年譜と、重要な関連書籍を年次表示。

 松尾芭蕉の年譜(陰暦10月12日 芭蕉忌・時雨忌
1644年 寛永21年 伊賀国上野赤坂(*1)に生まれる。本名は松尾宗房。
1656年 明暦2年 2月18日に父の与左衛門が亡くなる。伊賀上野の愛染院に葬る。
1662年 寛文2年 藤堂新七郎良清(藤堂藩伊賀付侍大将)の嗣子・良忠(俳号・蝉吟)に仕官し、忠右衛門宗房を名乗る。良忠とともに北村季吟に師事。俳諧をはじめた(*2)。
1666年 寛文6年 4月25日に良忠が25歳で亡くなる。菩提を弔い、仕官を退く。
1672年 寛文12年 1月25日「貝おほひ」を上野天神宮(三重県伊賀市)に奉納。春、江戸へ下る(*3)。
1674年 延宝2年 3月17日、季吟より俳諧秘伝書「埋木」を伝授される。
1675年 延宝3年 西山宗因の九吟百韻に参加した折、「宗房」改め「桃青」の俳号を初めて用いる。
1676年 延宝4年 帰郷したのち、甥の桃印を連れて江戸に戻る。
1677年 延宝5年 現・文京区関口芭蕉庵に住み、宗匠となった。礫川水道修成傭夫として、神田上水関係の仕事を、この年より4年間務める。
1678年 延宝6年 立机披露の万句興行を催す。
1680年 延宝8年 薙髪して風羅坊と号す。4月「桃青門弟独吟二十歌仙」刊行。江戸俳壇に勢力を確立。冬に深川の芭蕉庵に居を移す(*4)。深川臨川庵に滞在していた仏頂禅師と交流を持ち、禅を学ぶ。
1681年 延宝9年 春に門人の李下から芭蕉の株を贈られ、秋に「芭蕉野分して盥に雨を聞夜哉」を詠む。7月25日付木因宛書簡に「はせを」と署名。
1682年 天和2年 3月刊行の「武蔵曲」(千春編)に「芭蕉」の号が初めて現れる。12月28日、八百屋お七の火事で芭蕉庵も焼ける。
1683年 天和3年 「虚栗」(其角編)。6月20日、郷里の母が亡くなる。冬に、門人らの寄付金で第二次芭蕉庵成る(*5)。
1684年 貞享元年 8月「野ざらし紀行(甲子吟行)」の旅に出て、伊賀で年を越す(*6)。「冬の日」(荷兮編)刊行。
1685年 貞享2年 4月末に芭蕉庵へ帰る。
1686年 貞享3年 春に「古池や蛙とびこむ水の音」を巻頭にして衆議判「蛙合」(仙化編)刊行。「波留濃日」(荷兮編)刊行。
1687年 貞享4年 8月、曾良・宗波とともに「鹿島紀行(鹿島詣)」の旅に出た。10月11日に其角亭で「旅人と我名よばれん初しぐれ」と詠み、10月25日に「笈の小文」の旅に出た。伊賀で年を越す。
1688年 貞享5年 2月18日、故郷で亡父三十三回忌法要。3月19日、杜国を伴い吉野の花見を行う。8月11日、越人と「更科紀行」の旅に出て、8月下旬に江戸に帰る。9月13日、芭蕉庵で後の月見の会を催す。
1689年 元禄2年 2月末、芭蕉庵を人に譲り杉風の別邸に移り、3月27日に曾良を伴い「おくのほそ道」の旅に出た。膳所で年を越す。「曠野」(荷兮編)刊行。冬に不易流行を説く。
1691年 元禄4年 「猿蓑」(去来・凡兆編)刊行。10月29日に江戸に帰る。
1692年 元禄5年 5月中旬、第三次芭蕉庵に入る。「芭蕉を移す詞」。
1693年 元禄6年 「深川」(洒堂編)刊行。3月下旬に甥の桃印が、病気のため芭蕉庵で亡くなる(33歳)。7月中旬から1か月門戸を閉ざし、「閉関の説」を書く。
1694年 元禄7年 5月11日に江戸を発ち、京・伊賀上野・奈良を経て大坂に入り、9月10日に之道宅で発病。10月5日に大坂御堂筋の花屋仁左衛門の貸座敷に移り、10月8日に「旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる」と詠む。10月12日午後4時頃に亡くなる(*7)。遺骸は近江の義仲寺に運ばれ、14日、木曾義仲の墓の隣に葬られた。この年6月2日、芭蕉庵で、芭蕉が愛した唯一の女性と言われる寿貞が亡くなる。「炭俵」(野坡・利牛・孤屋編)。「枯尾花(芭蕉翁終焉記所収)」(其角編)。
1695年 元禄8年 「笈日記」(支考編)。「芭蕉翁行状記」(路通編)。
1698年 元禄11年 「続猿蓑」(沾圃編)。
1702年 元禄15年 「おくのほそ道」(井筒屋本)。
1730年 享保15年 「芭蕉庵三日月日記」。
(松尾芭蕉の年譜補足)

*1 松尾芭蕉の年譜生年月日不詳。三重県伊賀市上野赤坂町で生まれたとも、三重県伊賀市柘植で生まれたとも言われている。父・松尾与左衛門、母・梅。平氏の血を引く農家の次男。幼名は金作、長じて忠右衛門、甚七郎(甚四郎)。兄は半左衛門、姉一人妹三人。別号に宗房・桃青・坐興庵・栩々斎・花桃夭・華桃園・泊船堂・芭蕉庵・芭蕉洞・風羅坊・杖銭子(じょうせんし)・是仏坊(ぜぶつぼう)等。画は森川許六に学ぶ。
*2 春や来し年や行けん小晦日(初出 19歳立春)
*3 最初に住んだ場所は、日本橋の小沢卜尺の貸家とも、杉山杉風の日本橋小田原町の宅とも言われる。
*4 杉風の尽による。現在では深川芭蕉庵と言うが、当初は泊船堂と称した。
*5 「霰聞くやこの身はもとの古柏」と詠む。
*6 「野ざらしを心に風のしむ身かな」と詠む。
*7 門人の之道と珍碩の二人の不仲仲裁を目的に江戸を経ち、その心労が健康に障ったと言われている。その忌日は太陽暦では11月28日。芭蕉忌・時雨忌・翁忌・桃青忌と言われ、冬の季語となっている。

▶ 松尾芭蕉の俳句
▶ 松尾芭蕉の句碑
▶ 松尾芭蕉関連グッズ

松尾芭蕉の年譜(芭蕉の著作物・重要な関連書籍)

▶ 俳諧撰集 貝おほひ
1672年(寛文12年)1月25日に上野天神宮(三重県伊賀市)に奉納されたもの。松尾芭蕉が故郷で宗房と名乗っていた頃の30番俳諧合。
⇒ 芭蕉全集前編161ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 桃青門弟独吟二十歌仙
1680年(延宝8年)4月刊行。桃青(芭蕉)編。杉風・卜尺・卜宅ら初期蕉門の俳人21名の独吟歌仙。談林調から天和調への移行期に当たる。

▶ 俳諧撰集 武蔵曲
1682年(天和2年)大原千春編。寺田重徳刊。江戸の新しい俳風の意で、江戸に登った大原千春が、芭蕉らとの交流を目的として編集したもの。芭蕉翁桃青として「梅やなぎさぞ若衆かな女かな」などが載り、はじめて「芭蕉」の俳号が現れたことで知られる。

▶ 俳諧撰集 虚栗
1683年(天和3年)刊行。其角編芭蕉跋。蕉風への過渡期にある俳諧集で、その俳風は「虚栗調」「天和調」と呼ばれる。
⇒ 俳人其角全集第1巻2ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧紀行文 野ざらし紀行(甲子吟行)
1684年(貞享元年)8月から翌年4月まで、門人の千里を伴い、死去した母の墓参を目的に故郷伊賀上野への旅を記した松尾芭蕉最初の俳諧紀行文。「甲子吟行」ともいう。この旅で芭蕉は、京都など上方へも足をのばしている。書名は、旅立ちに際して詠んだ一句「野ざらしを心に風のしむ身かな」に由来する。1685年(貞享2年)成立。芭蕉死後、1768年(明和5年)に刊行。
⇒ 芭蕉選集81ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 冬の日
1684年(貞享元年)刊行。山本荷兮編。俳諧七部集の一つ。1684年11月、「野ざらし紀行」の芭蕉が尾張国名古屋で荷兮らと興行した歌仙など。
⇒ 芭蕉七部集定本1ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 蛙合
1686年(貞享3年)刊行。仙化編。1686年春、芭蕉庵に門弟を集めて、芭蕉の「古池や」の句をもとに蛙の句のみが詠まれた句合。
⇒ 日本俳書大系第2巻131ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 波留濃日
1686年(貞享3年)刊行。「冬の日」と同じく山本荷兮が編集したもの。通称「春の日」。芭蕉七部集の一つ。
⇒ 芭蕉七部集定本19ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧紀行文 鹿島紀行(鹿島詣)
1687年(貞享4年)8月14日から、河合曾良と宗波を伴い、旧知の鹿島根本寺・仏頂禅師を訪ねて著した俳諧紀行文。月見を目的とする旅だったが、当日は無月。1687年(貞享4年)8月25日に成り、1790年(寛政2年)に刊行されている。
⇒ 芭蕉俳句紀行全集122ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧紀行文 笈の小文(卯辰紀行・芳野紀行)
1687年(貞享4年)10月に江戸から鳴海を経て伊賀上野で越年し、伊勢詣をしたあと杜国と吉野の花見をして関西を巡った際の紀行文。1690年頃成立し、1709年に河合乙州が「笈の小文」として出版した。
⇒ 芭蕉選集99ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧紀行文 更科紀行
1688年(貞享5年)8月、越智越人を伴い、名古屋から更科姨捨山の月見をして江戸に帰った時の紀行文。1689年頃の成立。1709年に「笈の小文」の付録として刊行された。
⇒ 芭蕉俳句紀行全集144ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧紀行文 おくのほそ道
松尾芭蕉の年譜1689年(元禄2年)3月27日(新暦1689年5月16日)から9月6日(新暦10月18日)まで、河合曾良を伴い東北・北陸を巡った折の松尾芭蕉の俳諧紀行文。芭蕉死後、1702年(元禄15年)に西村本を基に京都の井筒屋から出版刊行され広まった。中尾本・曾良本・西村本・柿衞本の4つの原本がある。俳諧紀行文というだけでなく、日本文学の傑作である。
⇒ 芭蕉俳句紀行全集148ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 曠野(阿羅野)
1689年(元禄2年)刊行。西行五百歳忌を記念。序に、「冬の日」「春の日」に欠けた実の追求を意図していることが芭蕉により記されている。芭蕉七部集の一つ。
⇒ 芭蕉七部集定本38ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 ひさご集
1690年(元禄3年)刊行。珍碩編。「おくのほそ道」の旅を終えた芭蕉を近江に迎えて興行した歌仙を収めたもの。芭蕉七部集の一つ。
⇒ 芭蕉七部集定本160ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 猿蓑
1691年(元禄4年)5月成立。7月3日に井筒屋から刊行。去来凡兆共編。丈草跋。不易流行の理念、匂付の手法、景情一致の作風を確立し、俳諧の古今集とも言われる芭蕉七部集の一つ。
⇒ 芭蕉七部集定本177ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳文 芭蕉を移す詞
1692年(元禄5年)5月、第三次芭蕉庵に入り、芭蕉を移植した時の感慨を述べた俳文。
⇒ 芭蕉181ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 深川
1693年(元禄6年)。浜田洒堂編。洒堂が1692年9月に深川の芭蕉庵を訪れて越年した時の俳諧集。
⇒ 芭蕉翁全集344ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳文 閉関の説
1693年(元禄6年)。甥の桃印が亡くなったあと、7月中旬から1か月門戸を閉ざした時の俳文。
⇒ 俳聖芭蕉翁224ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 炭俵
1694年(元禄7年)6月28日奥書。志太野坡・小泉孤屋・池田利牛共編。芭蕉の「炭だはらといへるは誹也けり」との言葉により成立。「軽み」を具現化。芭蕉七部集の一つ。
⇒ 芭蕉七部集定本247ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集(追善集) 枯尾花
1694年(元禄7年)。10月12日に亡くなった芭蕉の追善集。上巻は其角の「芭蕉翁終焉記」と、10月18日に義仲寺で興行された追善の俳諧百韻を収める。下巻は嵐雪の墓参文や追悼歌仙などを収める。
⇒ 日本古典全集芭蕉全集前248ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳書 笈日記
1695年(元禄8年)刊行。各務支考編。蕉門の発句700句余りを掲載し、芭蕉終焉の貴重な資料ともなっている俳書。
⇒ 笈日記(国会図書館蔵)

▶ 俳書 芭蕉翁行状記
1695年(元禄8年)刊行。八十村路通編。1694年に成立。松尾芭蕉の略歴や葬送の様子などを記し、芭蕉研究における貴重な資料となっている。
⇒ 芭蕉翁行状記(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 続猿蓑
1698年(元禄11年)。沾圃ら編。「猿蓑」の続篇で、「軽み」の作風が展開されている。芭蕉の監修、支考の加筆があったと考えられている。芭蕉七部集の一つ。
⇒ 芭蕉七部集定本313ページ(国会図書館蔵)

▶ 俳諧撰集 三日月日記
1730年(享保15年)。三日月塚を建立した記念集で、元禄の初めに山口素堂の序で編まれたものを、各務支考が芭蕉の故郷に求めて刊行。
⇒ 芭蕉庵三日月日記:荘内に於ける芭蕉ふろく(国会図書館蔵)