俳人検索結果



松尾芭蕉 

夏草や兵どもが夢のあと  (おくのほそ道)
秋深き隣は何をする人ぞ 
荒海や佐渡に横とう天の川  (おくのほそ道)
五月雨を集めてはやし最上川  (おくのほそ道)
閑かさや岩にしみ入る蝉の声  (おくのほそ道)
しばらくは花の上なる月夜かな 
旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる 
ねぎ白く洗ひたてたる寒さかな 
古池や蛙とびこむ水の音 
名月や池をめぐりて夜もすがら 
草の戸も住替る代ぞひなの家  (おくのほそ道)
行春や鳥啼魚の目は泪  (おくのほそ道)
あらたうと青葉若葉の日の光  (おくのほそ道)
暫時は瀧に籠るや夏の初  (おくのほそ道)
夏山に足駄を拝む首途哉  (おくのほそ道)
木啄も庵はやぶらず夏木立  (おくのほそ道)
野を横に馬牽むけよほとゝぎす  (おくのほそ道)
田一枚植て立去る柳かな  (おくのほそ道)
風流の初やおくの田植うた  (おくのほそ道)
世の人の見付ぬ花や軒の栗  (おくのほそ道)
早苗とる手もとや昔しのぶ摺  (おくのほそ道)
笈も太刀も五月にかざれ帋幟  (おくのほそ道)
笠嶋はいづこさ月のぬかり道  (おくのほそ道)
桜より松は二木を三月越し  (おくのほそ道)
あやめ草足に結ん草鞋の緒  (おくのほそ道)
五月雨の降り残してや光堂  (おくのほそ道)
蚤虱馬の尿する枕もと  (おくのほそ道)
涼しさを我宿にしてねまる也  (おくのほそ道)
這出よかひやが下のひきの声  (おくのほそ道)
まゆはきを俤にして紅粉の花  (おくのほそ道)
有難や雪をかほらす南谷  (おくのほそ道)
涼しさやほの三か月の羽黒山  (おくのほそ道)
雲の峯幾つ崩て月の山  (おくのほそ道)
語られぬ湯殿にぬらす袂かな  (おくのほそ道)
あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ  (おくのほそ道)
暑き日を海にいれたり最上川  (おくのほそ道)
象潟や雨に西施がねぶの花  (おくのほそ道)
汐越や鶴はぎぬれて海涼し  (おくのほそ道)
文月や六日も常の夜には似ず  (おくのほそ道)
一家に遊女もねたり萩と月  (おくのほそ道)
わせの香や分入右は有磯海  (おくのほそ道)
塚も動け我泣声は秋の風  (おくのほそ道)
秋涼し手毎にむけや瓜茄子  (おくのほそ道)
あかあかと日は難面もあきの風  (おくのほそ道)
しほらしき名や小松吹萩すゝき  (おくのほそ道)
むざんやな甲の下のきりぎりす  (おくのほそ道)
石山の石より白し秋の風  (おくのほそ道)
山中や菊はたおらぬ湯の匂  (おくのほそ道)
今日よりや書付消さん笠の露  (おくのほそ道)
終宵秋風聞やうらの山  (おくのほそ道)
庭掃て出ばや寺に散柳  (おくのほそ道)
物書て扇引さく余波哉  (おくのほそ道)
月清し遊行のもてる砂の上  (おくのほそ道)
名月や北国日和定なき  (おくのほそ道)
寂しさや須磨にかちたる濱の秋  (おくのほそ道)
波の間や小貝にまじる萩の塵  (おくのほそ道)
蛤のふたみにわかれ行秋ぞ  (おくのほそ道)
いざ行かん雪見にころぶ所まで 
箱根こす人もあるらしけさの雪 
初雪や水仙の葉のたわむまで 
麦の穂をたよりにつかむ別れかな 
鶯の笠おとしたる椿かな 
鶯や柳のうしろ薮の前 
梅が香にのっと日の出る山路かな 
門松やおもへば一夜三十年 
花の雲鐘は上野か浅草か 
春たちてまだ九日の野山かな 
春の夜は桜に明けてしまひけり 
春もややけしきととのう月と梅 
ほろほろと山吹散るか滝の音 
山路きて何やらゆかしすみれ草 
入る月の跡は机の四隅哉 
川風や薄柿着たる夕涼み 
七夕の逢はぬ心や雨中天 
ほととぎすなくなくとぶぞいそがはし 
水の奥氷室尋ぬる柳哉 
やがて死ぬけしきは見えず蝉の声 
この道や行人なしに秋の暮 
白露もこぼさぬ萩のうねりかな 
野ざらしを心に風のしむ身かな  (野ざらし紀行)
菊の香や奈良には古き仏たち 
さまざまのこと思い出す桜かな 
生きながら一つに冰る海鼠哉 
酒のめばいとど寝られぬ夜の雪 
椹や花なき蝶の世捨酒 
里古りて柿の木持たぬ家もなし 
島々や千々に砕けて夏の海 
発句也松尾桃青宿の春 
蛸壺やはかなき夢を夏の月 
川上とこの川下や月の友 
人々をしぐれよ宿は寒くとも 
芭蕉野分して盥に雨を聞く夜かな 
この里は気吹戸主の風寒し 
初花に命七十五年ほど 
何ごともまねき果たるすゝき哉 
此松の実ばえせし代や神の秋  (鹿島詣)
牡丹蘂深く分け出づる蜂の名残哉 
枯枝に鴉のとまりけり龝の暮 
わがきぬにふしみの桃の雫せよ  (野ざらし紀行)
君や蝶我や荘子か夢心