俳句例句(季語から)



時鳥 

野を横に馬牽むけよほとゝぎす  松尾芭蕉(おくのほそ道)
松島や鶴に身をかれほとゝぎす  河合曾良(おくのほそ道)
ほととぎすなくなくとぶぞいそがはし  松尾芭蕉
袖ふるは峠のならひほととぎす  中山世一
ほとゝぎすなべて木に咲く花白し  篠田悌二郎
子を捨てし時鳥いま南へ  中村苑子
谺して山ほととぎすほしいまゝ  杉田久女
時鳥厠半ばに出かねたり  夏目漱石
ほととぎす郭公とて明にけり  加賀千代女
一声や犬西行にほととぎす  大淀三千風
ほととぎす鳴く音や古き硯箱  松尾芭蕉
濃きうすき雲を待ち得てほとゝぎす  白井鳥酔
兄弟の顔見あはすやほととぎす  向井去来
ほととぎす明かしかねたる此世かな  麗々亭柳橋
ほととぎす帆裏になるや夕まぐれ  先放
ほととぎす平安城をすちかひに  与謝蕪村
ほととぎすほととぎすとて寝入りけり  岩田涼菟
藪寺や筍月夜時鳥  夏目成美
時鳥うらみの滝のうら表  松尾芭蕉

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に