此松の実ばえせし代や神の秋

このまつの みばえせしよや かみのあき

此松の実ばえせし代や神の秋桃青こと松尾芭蕉44歳。貞享4年(1687年)8月25日に成った「鹿島紀行」に、「神前」として載る句。
鹿島の根本寺に戻っていた仏頂和尚の招きに応じ、仲秋の名月を鑑賞するための旅だったが、当日は雨。数日の滞在で、鹿島神宮にも参拝したと見え、鹿島紀行の「神前」には、芭蕉の句に続いて、宗波「ぬぐはゞや石のおましの苔の露」、曾良の「膝折るやかしこまりなく鹿の声」が載る。

仏頂和尚は、芭蕉より3才年長の禅の師匠。根本寺第21世住職であり、鹿島神宮との領地争いでしばしば江戸に出向き、芭蕉庵にも近い江戸深川の臨川寺に滞在した。
この句では「松」が詠み込まれているが、当時の鹿島には、七不思議に数え上げられる「根上がり松」というのがあり、何度伐っても枯れることがなかったという。その松が芽吹いた頃の、太古に思いを馳せて詠んだ句だと言われている。

▶ 松尾芭蕉の句


鹿島神宮奥宮前の句碑(茨城県鹿嶋市)

此松の実ばえせし代や神の秋鹿島神宮奥宮の正面に、売店兼茶屋があり、その脇に案内板とともに灯篭型の句碑が立つ。明和3年(1766年)4月、鹿島宮中此松庵連が建立。
案内板には、「此松の実ばえせし代や神の秋」の句とともに「俳聖松尾芭蕉が当神宮に参拝したおり詠んだ句(1687)神前の前書がある」と書かれている。そしてその下に何故か、鹿島七不思議「海の音」の説明書きが貼られている。
【撮影日:2016年6月27日】

▶ グーグルマップ