俳句例句(季語から)



 

葉ごもる桃午後といふ語をさびしめり  能村登四郎
わがきぬにふしみの桃の雫せよ  松尾芭蕉(野ざらし紀行)
桃冷す水しろがねにうごきけり  百合山羽公
病間や桃食ひながら李画く  正岡子規
桃青し赤きところの少しあり  高野素十
中年や遠くみのれる夜の桃  西東三鬼

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に