俳句例句(季語から)



 

しばらくは花の上なる月夜かな  松尾芭蕉(初蝉)
家深くゐて花時の素顔かな  長谷川双魚
本丸に立てば二の丸花の中  上村占魚
花の闇ひらくに銀の鍵使ふ  鳥居真里子
焼にけりされども花はちりすまし  立花北枝
人の世へ儚なき花の夢を見に  大谷句仏
花あれば西行の日とおもふべし  角川源義
うすらひは深山へかへる花の如  藤田湘子
ながむとて花にもいたし頸の骨  西山宗因
花は芳野伽藍一を木の間哉  松江重頼
花も待たで歸いそぐや雨の京  久保より江
こもりゐや花なき里に住み馴れて  久保より江
花の影寝まじ未来が恐しき  小林一茶
いざゝらば死ゲイコせん花の陰  小林一茶
腸も断つぞよ花の衣がへ  池田正式
そばに居て見ぬや芳野のはなの先  池田正式
夜の明けて花にひらくや浄土門  山本西武
入相の鐘聞きつけぬ花もがな  田代松意
土に埋て子の咲花もある事か  上島鬼貫
花咲いて死ともないが病ひかな  小西来山
花にうづもれて夢より直に死なんかな  越智越人
死にさうな人ひとりなし花の山  祇徳
賽銭も用意顔なり花の森  向井去来
青みたる松より花の咲きこぼれ  向井去来
これはこれはとばかり花の吉野山  安原貞室
咲く花にかき出す縁のかたぶきて  松尾芭蕉
咲く花に小さき門を出つ入りつ  松尾芭蕉
動かねば闇にへだつや花と水  沖田総司
寝姿の司や花をまくらもと  大原其戎
闇き夜も花の明りや西の旅  井上井月
花の頃西行もせぬ朝寝かな  藤野古白
ふるさとに花の山あり温泉あり  高浜虚子
これはこれはとばかり花のよしの山  安原貞室
花にあかぬ憂世男の憎き哉  向井千子(続虚栗)
世に生れ日本に生れ月と花  山本安三郎
またも見る闇かは花のあかりある  秋の坊
又ひとつ花につれゆく命かな  上島鬼貫
咲からに見るからに花のちるからに  上島鬼貫
花の下「かあいいピスの墓」とあり  竹久夢二
衆生花に酔へば済度に我醒めん  大谷句仏

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に