俳句例句(季語から)



時雨 

化けそうな傘かす寺の時雨かな  与謝蕪村
時雨村大字時雨字日差  渡辺鮎太
伊吹いま時雨の東下りかな  上野一孝
雷つれて富士の時雨の大粒に  松崎鉄之介
人々をしぐれよ宿は寒くとも  松尾芭蕉
うつくしきあぎととあへり能登時雨  飴山實
あめつちのはなしとだゆる時雨哉  北村湖春
はじめての鮒屋泊りをしぐれけり  夏目漱石
時雨るるや黒木積む屋の窓明り  野沢凡兆
世にふるはさらに時雨の宿りかな  宗祇
両袖にただ何となく時雨かな  広瀬惟然
牛馬の臭みもなくて時雨かな  浪化
一夜づつ淋しさ替はる時雨かな  早野巴人
一ツ家の灯を中にして時雨かな  白井鳥酔
凩の地にも落さぬしぐれ哉  向井去来
いそがしや沖のしぐれの眞帆片帆  向井去来
化に出た狐を化すしぐれかな  小西来山
塚のしくれ紙にしめして泣日かな  三浦樗良

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に