石山の石より白し秋の風

いしやまの いしよりしろし あきのかぜ

石山の石より白し秋の風松尾芭蕉、1689年(元禄2年)の「おくのほそ道」の「那谷」に現れる句。曾良旅日記では、8月5日(新暦9月18日)に、「朝曇。昼時分、翁・北枝、那谷へ趣」とある。
石山とは、近江の石山寺で、天然記念物に指定されている硅灰石がその名の由来となっている。芭蕉も度々参拝し、「石山の石にたばしる霰かな」などの名句を生み出している。陰陽五行説で秋には白色が当てられるため、秋の風は「白風」ともいう。芭蕉の詠んだこれは、「色なき風」とも呼ばれる秋風の白さ。
奥細道菅菰抄(簑笠庵梨一1778年)には、「那谷の風景、石山に似て、石山より寂し。石岩は皆山に添て、其色曝て白し」とある。以下「おくのほそ道」より。

山中の温泉に行ほど、白根が嶽跡にみなしてあゆむ。左の山際に観音堂あり。花山の法皇、三十三所の順礼とげさせ給ひて後、大慈大悲の像を安置し給ひて、那谷と名付給ふと也。那智・谷汲の二字をわかち侍しとぞ。奇石さまざまに、古松植ならべて、萱ぶきの小堂、岩の上に造りかけて、殊勝の土地也。
 石山の石より白し秋の風

▶ 松尾芭蕉の句
俳句と季語俳句検索俳人検索俳句の辞世句俳句暦俳句関連骨董品