俳句例句(季語から)



 

一家に遊女もねたり萩と月  松尾芭蕉(おくのほそ道)
波の間や小貝にまじる萩の塵  松尾芭蕉(おくのほそ道)
行行てたふれ伏とも萩の原  河合曾良(おくのほそ道)
白露もこぼさぬ萩のうねりかな  松尾芭蕉
三日月やこの頃萩の咲きこぼれ  河東碧梧桐
夢と成し骸骨踊る萩の声  宝井其角
月添ひてかなしさこほる萩すすき  服部土芳
手の熱き女と生まれ萩白し  鷲谷七菜子
初萩やぽつりぽつりと雨になり  里見梢
起こされて起きて物うし萩の花  各務支考
あし音をまつ朝暮や萩の花  竹久夢二
空山へ板一枚を荻の橋  原石鼎(ホトトギス)
山の日に萩にしまりぬ便所の戸  原石鼎(ホトトギス)
先師の萩盛りの頃やわが死ぬ日  大野林火
萩明り師のふところにゐるごとく  大野林火
足音をまつ明暮や萩の花  竹久夢二

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に