俳句検索結果(季語から)



 

山中や菊はたおらぬ湯の匂  松尾芭蕉(おくのほそ道)
菊の香や奈良には古き仏たち  松尾芭蕉
菊咲けり陶淵明の菊咲けり  山口青邨
菊咲くや二夜泊りし下々の客  小林一茶
たましひのしづかにうつる菊見かな  飯田蛇笏
黄菊白菊其の外の名はなくもがな  服部嵐雪
有る程の菊抛げ入れよ棺の中  夏目漱石
菊の花咲くや石屋の石の間  松尾芭蕉
霧の後像に添ゆべき菊もなし  森川許六

インターネット歳時記