春なれや名もなき山の朝がすみ

はるなれや なもなきやまの あさがすみ

春なれや名もなき山の朝がすみ 俳句松尾芭蕉 の句。「奈良に出づる道のほど」の前書きがあり、「春なれや名もなき山の薄霞」と、「野ざらし紀行」(1685年)にはある。泊船集(1698年)には「春なれや名もなき山の朝霞」。
貞享2年(1685年)2月の句。故郷の伊賀から、名張・宇陀を通って、奈良に向かう途中に詠まれた句。奈良では、二月堂のお水取りに参加した。

「名もなき山」というものは、この国には存在しないであろう。春の朝ならばこそ、霞の中で「名もなき山」となり、旅人を惑わす。恐らくその「名もなき山」とは、万葉集などで霞とともに歌われる天香具山を想定しているのであろうが。

▶ 松尾芭蕉の句
俳句と季語俳句検索俳人検索俳句の辞世句俳句暦俳句関連骨董品

花園神社の句碑(東京都新宿区)

春なれや名もなき山の朝がすみ 俳句内藤新宿の総鎮守である花園神社は、大和吉野山より勧請された神社で、江戸時代には花々が咲き乱れていたという。その境内社である威徳稲荷神社横に、安永7年(1778年)に建立された「蓬莱に聞ばや伊勢の初だより」の句碑があり、その隣にこの句碑が立っている。
明治29年(1896年)3月建立。碑陰に28人の俳人の句が刻まれているというが、読めない。
【撮影日:2019年12月13日】

▶ グーグルマップ