木下夕爾

春燈の主要メンバーであった詩人「木下夕爾」

きのしたゆうじ

1914年10月27日~1965年8月4日。広島県福山市出身。広島県立府中中学時代から詩作を始め、堀口大学に傾倒し、「若草」への投稿から文学の世界に入った。
俳句では久保田万太郎に師事し、「春燈」同人となる。「春雷」創刊・主宰。主要な句集に「遠雷」がある。広島県福山市が活動拠点であった。

▶ 木下夕爾の俳句



【中古】ひばりのす—木下夕爾児童詩集/木下 夕爾
1785円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 【買取王子】

 木下夕爾の年譜
1914年 大正3年 10月27日、広島県福山市御幸町に生まれる。(*1)
1933年 昭和8年 第一早稲田高等学院文科(仏文科)に入学するも、家業を継ぐため名古屋薬学専門学校に転学。
1938年 昭和13年 名古屋薬学専門学校を卒業後、広島県福山市の実家で薬局を営む。
1940年 昭和15年 前年に刊行した第一詩集「田舎の食卓」で、第6回文芸汎論詩集賞を受賞。
1944年 昭和19年 俳誌「多麻」に投句し始める。
1946年 昭和21年 久保田万太郎の「春燈」に参加。
1949年 昭和24年 詩誌「木靴」を創刊・主宰。
1956年 昭和31年 句集「南風妙」刊行。
1959年 昭和34年 句集「遠雷」刊行。
1961年 昭和36年 広島春燈会を結成。句誌「春雷」を創刊・主宰。
1965年 昭和40年 8月4日、横行結腸癌により福山市御幸町の自宅で亡くなった。享年50。
*1 薬局を営む家に生まれる。本名は優二。