徳田秋声

とくだしゅうせい

自然主義文学の担い手として知られた小説家

1872年2月1日(明治4年12月23日)~1943年(昭和18年)11月18日。石川県金沢市の士族の家に生まれる。本名は徳田末雄。尾崎紅葉門下の小説家。
プロレタリア文学が勃興してくると、秋声の作家活動は低迷したが、徳田秋声を励ますために室生犀星らが「秋声会」を結成した。肋膜癌に斃れるが、小康を得た時に詠んだ「生きのびてまた夏日の目にしみる」が辞世となった。

▶ 徳田秋声の俳句

 インターネット歳時記