皆吉爽雨

第1回蛇笏賞を受賞した爽雨

みなよしそうう

1902年2月7日~1983年6月29日。福井県福井市出身。高浜虚子に師事。「山茶花」創刊に参加。1946年「雪解」創刊・主宰。第1回蛇笏賞受賞。俳人協会副会長を務めた。
阿波野青畝は皆吉爽雨を「山部赤人型の俳人」と評している。

▶ 皆吉爽雨の俳句



【中古】皆吉爽雨句集 花幽
2750円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 【出島書店】

 皆吉爽雨の年譜(6月29日 爽雨忌)
1902年 明治35年 2月7日、福井県福井市上宝永町に生まれる。(*1)
1919年 大正8年 福井中学校(福井県立藤島高等学校)卒業。大阪の住友電気工業に入社。上司の大橋桜坡子の影響で俳句を始め、高浜虚子に師事。
1920年 大正9年 ホトトギス初入選。
1922年 大正11年 野村泊月らと「山茶花」創刊。
1936年 昭和11年 「山茶花」選者。
1938年 昭和13年 句集「雪解」刊行。
1940年 昭和15年 句集「寒林」刊行。
1944年 昭和19年 句集「雲坂」刊行。戦局悪化で「山茶花」終刊。
1945年 昭和20年 東京に転勤。
1946年 昭和21年 「雪解」創刊主宰。
1947年 昭和22年 句集「緑蔭」刊行。
1948年 昭和23年 「たかし爽雨互選句集」刊行。(*2)
1949年 昭和24年 住友電気工業を退社。
1950年 昭和25年 サンケイ新聞俳壇選者。
1951年 昭和26年 句集「寒柝」刊行。
1952年 昭和27年 句集「遅日」刊行。
1955年 昭和30年 句集「雁列」刊行。
1961年 昭和36年 句集「寒柝」刊行。
1966年 昭和41年 句集「三露」刊行。
1967年 昭和42年 句集「三露」などで第1回蛇笏賞受賞。
1972年 昭和47年 句集「泉聲」刊行。
1976年 昭和51年 句集「花幽」刊行。
1978年 昭和53年 俳人協会副会長。
1979年 昭和54年 勲四等旭日小綬章受章。
1982年 昭和57年 句集「聲遠」刊行。
1983年 昭和58年 6月29日に心不全で亡くなる。享年81。
*1 本名は大太郎。父は丸岡町の町長を務めるも、爽雨が中学の時商売に失敗し、爽雨は進学をあきらめる。孫に俳人の皆吉司。
*2 松本たかし