山崎宗鑑

やまざきそうかん

戦国時代を生きた俳諧の祖
談林俳諧に影響を与えた「犬筑波集」を編集

寛正6年(1465年)~天文23年10月2日(1554年10月28日)。近江国栗太郡志那村(草津市)出身。荒木田守武とともに、俳諧の祖とも称される連歌師。
名は志那弥三郎範重。室町幕府9代将軍足利義尚に仕え、一休禅師とも親しくした。延徳元年(1489年)に、六角高頼との争いの中で義尚が没したことにより出家し、摂津国尼崎に住む。その後、山城国山崎に「對月庵」を結び、山崎宗鑑と呼ばれた。享禄元年(1528年)に讃岐国の興昌寺に移り「一夜庵」を結び、そこで癰(よう)を病んで生涯を終えた。辞世は「宗鑑は何処へと人の問ふならば ちとようありてあの世へといへ」と、死に際にさえ、自らの病を掛詞にするほどの洒落者だった。

宗祇・宗長等との交流も深い連歌師である。ある者に「切りたくもあり切りたくもなし」に3句所望され、「ぬすびとを捕へて見ればわが子なり」「さやかなる月をかくせる花の枝」「心よき的矢の少し長いをば」と返した話は有名である。
このように、自由を求める気持ちが強く、下品とも評される。また、俳諧にひかれていったことで、嘲笑を受けることもあった。しかし、「かしましや此の里過ぎよ時鳥 都のうつけ如何に聞くらむ」と返し、後に談林俳諧に大きな影響を与えた「犬筑波集」(1524年?)を撰した。
芭蕉もその気風を慕い、山崎の宗鑑遺跡を訪ねて「有難き姿拝まんかきつばた」の句をのこしている。

▶ 山崎宗鑑の俳句

インターネット歳時記