後藤夜半

ごとうやはん

箕輪の滝の俳句で知られる俳人

1895年(明治28年)1月30日~1976年(昭和51年)8月29日。大阪府大阪市北区出身。高浜虚子臼田亞浪に師事。「ホトトギス」同人。「諷詠」創刊・主宰。俳人協会名誉会員、神戸俳人協会理事などを歴任。
実弟に能楽師の後藤得三、喜多実。実子に後藤比奈夫。「瀧の上に水現れて落ちにけり」が滝の名句として知られており、「底紅の咲く隣にもまなむすめ」は「底紅」を季語として定着させた俳句として有名である。

▶ 後藤夜半の俳句



後藤夜半全句集/バーゲンブック{後藤 夜半 沖積舎 文芸 短歌 俳句 歌}
11550円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
後藤 夜半 沖積舎 文芸 短歌 俳句 歌 【アジアンショップ楽天市場店】

 後藤夜半の年譜(8月29日 底紅忌)
1895年 明治28年 1月30日、大阪市北区曽根崎新地に生まれる。(*1)
1918年 大正7年 証券会社の長門商店に勤める。
1923年 大正12年 ホトトギスに初投句。
1928年 昭和3年 ホトトギス課題句選者となる。
1931年 昭和6年 「蘆火」創刊主宰。
1932年 昭和7年 ホトトギス同人。
1934年 昭和9年 病気のために「蘆火」終刊。
1940年 昭和15年 「翠黛」刊行。
1948年 昭和23年 「花鳥集」創刊主宰。
1953年 昭和28年 「花鳥集」を「諷詠」に改題。
1962年 昭和37年 「青き獅子」刊行。
1968年 昭和43年 「色彩」刊行。
1976年 昭和51年 8月29日、神戸市東灘区北青木で亡くなる。81歳。
1978年 昭和53年 「底紅」刊行。
*1 本名は潤。