俳人検索結果



田捨女 

雪の朝二の字二の字の下駄のあと 
萱原にをしや捨ておく露の玉 
雑煮煮や千代の数かく花がつを 
うき中に馴れて雪間の嫁菜かな 
粟の穂やみは数ならぬ女郎花 
日ぐらしやすてて置いても暮るる日を 
艸よ木よ汝に示すけさの露 
一升や九月九日使菊 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に