俳人検索結果



中村汀女 

秋草のすぐ萎るるをもてあそび 
たんぽぽや日はいつまでも大空に 
春宵の駅の時計の五分経ち 
あひふれしさみだれ傘の重かりし 
あはれ子の夜寒の床の引けば寄る 
とゞまればあたりにふゆる蜻蛉かな 
橋に聞くながき汽笛や冬の霧 
靴紐をむすぶ間も来る雪つぶて 
次の子も屠蘇を綺麗に干すことよ 
初刷に厨のものは湯気立つる 
わが影のすぐよぎりけり鳥総松 
ひとり摘む薺の土のやはらかに 
さし寄せし暗き鏡に息白し 
外にも出よ触るるばかりに春の月 
秋雨の瓦斯が飛びつく燐寸かな 
咳の子のなぞなぞあそびきりもなや 
抱く珠の貝のあはれを聞く冬夜 
突風や算を乱して黄水仙 
真上なる鯉幟まづ誘ひけり 
梅干して人は日蔭にかくれけり 
立秋の雨はや一過朝鏡 
霧見えて暮るゝはやさよ菊畑 
蕗のたうおもひおもひの夕汽笛 
北風の奪へる声をつぎにけり 
わが部屋に湯ざめせし身の灯をともす 
真円き夕日霾なかに落つ 
黒板の遅日の文字の消し残し 
春暁や今はよはひをいとほしみ 
山こむる霧の底ひの猫の恋 
竈猫打たれて居りし灰ぼこり 
灯虫さへすでに夜更のひそけさに 
叩きたる氷の固さ子等楽し 
夕蜘蛛のつつと下り来る迅さ見る 
帰るべき細道見えて夕櫻 
横浜にすみなれ夜ごとの夜霧かな 
月に刃物動かし烏賊を洗ふ湖 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に