俳人検索結果



竹下しづの女 

金色の尾を見られつつ穴惑 
短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎 
日を追はぬ大向日葵となりにけり 
紅塵を吸うて肉とす五月鯉