是がまあつひの栖か雪五尺

これがまあ ついのすみかか ゆきごしゃく

是がまあつひの栖か雪五尺「七番日記」文化9年(1812年)11月項に、「是がまあつひの栖か雪五尺」として載る小林一茶の句である。この時一茶は50歳。故郷に骨を埋めるつもりで、11月17日に江戸を発ち、11月24日に柏原に入り、しばらく兵右衛門のところに寄宿した。柏原に入った当日は晴だったものの、翌日から2日間は雪。
この句は、「是がまあ死所かよ雪五尺」の句とともに夏目成美の許に送られたが、成美は、「死所かよ」には棒を引き「是がまあつひの栖か雪五尺」を「極上々吉」と評した。

まだ住む家が定まっていない状況にあったにもかかわらず詠まれた句であり、遺産相続問題などもあった。さらに、推敲の中で生まれた「是がまあ死所かよ雪五尺」を考えるに、あきらめにも似た響きを含む句である。けれども、人の背丈ほども積もった雪の中に最後まで生きていこうという、決意のこもった句でもある。

▶ 小林一茶の句

歳時記とは今日の俳句歳時記俳人検索俳句の辞世句歳時記俳句暦歳時記俳句関連骨董品



【ふるさと納税】一茶の夢 贅沢セット(純米大吟醸、特別純米酒、ヨーグルト酒など6種詰め合わせ)
41000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
純米大吟醸2種、純米吟醸、特別純米酒、そば焼酎など豪華地酒セット お祝いやギフトにも
【長野県信濃町】