牛行くや毘沙門阪の秋の暮

うしいくや びしゃもんざかの あきのくれ

牛行くや毘沙門阪の秋の暮「散策集」「寒山落木巻四」所収の正岡子規の句。明治28年(1895年)9月21日午後。
「散策集」に、「稍曇りたる空の雨にもならで、愛松、碌堂、梅屋三子に促され病院下を通りぬけ、御幸寺山の麓にて引返し来る。往復途上口占」の前書きとともに、「秋の城山は赤松ばかり哉」「牛行くや毘沙門阪の秋の暮」「社壇百級秋の空へと登る人」。
この時、従軍記者として遼東半島に渡って帰国の船中で喀血し、一時松山に帰郷していた。病中ではあるが、前日には石手寺に参拝するなど、かなりの距離を歩いている。この日も御幸寺山麓までとあるから、愚陀仏庵から往復で4kmほど歩いている。
ただ、前日に引いた神籤が「凶」だったとの記述や、前出3句に続く常楽寺での句に「狸死に狐留守なり秋の風」があるなど、心は晴れない。

毘沙門阪とは、松山城の東麓・ロープウェイ街を上り詰めたところにあったとされる坂。そこには毘沙門天が祀られていたとされる。毘沙門天は、戦と勝負の守。そこへと続く坂をのぼり行くのは、身体重たい生物である。季節は秋の暮れ。

▶ 正岡子規の句


東雲神社石段下の句碑(愛媛県松山市)

牛行くや毘沙門阪の秋の暮東雲神社へと続く石段下の信号を渡ったところに句碑がある。かつて、この辺りに毘沙門堂があったという。今では、松山市一番の繁華街大街道へと続くロープウェイ街の北端にあたり、多くの車が行き交っている。ただ、西隣には東雲神社があり、松山城へと続く深い森が押し寄せている。
碑文は、子規の遺稿を拡大。句碑の隣に掲げられた説明文は以下。

牛行くや毘沙門阪の秋の暮
 正岡子規(一八六七~一九〇二 慶応三年~明治三五年
漱石の借寓「愚陀佛庵」で病後療養中の子規が、明治二八(一八九五)年九月二一日土曜日の午後、中村愛松(松山高等小学校長)、柳原極堂、大島梅屋(同校教員)の三人の松風会員に誘われるまま、病院下(今の東雲学園下)から、毘沙門坂、六角堂、千秋寺、練兵場、杉谷町と散策したときに詠んだ二四句中の二句目。
ここは城の鬼門(東北)に当たるため、城の鎮めとして、昔、毘沙門天が祀ってあったので毘沙門阪の名がある。
子規「散策集」所載。
 松山市教育委員会
「俳句の里 松山」

【撮影日:2019年1月3日】

▶ グーグルマップ