季語|秋の声(あきのこえ)

三秋の季語 秋の声

秋声(しゅうせい)

秋の声の俳句と季語音に感じられる秋の気配。

空の色が「あきらか」であることから「秋」と呼ばれるようになったと言われる。盛りの季節に飽きるころに聞く、淋しさの入り混じった音色。

【秋の声の俳句】

秋聲や石ころ二つ寄るところ  村上鬼城

 インターネット歳時記