乗初(のりぞめ)

新春の季語 乗初


初電車(はつでんしゃ)
・初飛行(はつひこう)

季語その年初めて乗り物に乗ることを言う。

乗るは、古くは宣ると同義であったか。宣るは、「告げる」の意味を持ち、言霊信仰をもとに呪いに関与する。乗るは、のりうつることを意味したと思われる。

乗初の運転席に常の如  稲畑汀子



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA