季語|緑陰(りょくいん)

三夏の季語 緑陰


緑蔭(りょくいん)
・翠蔭(すいいん)・木下闇(こしたやみ)

緑陰の俳句と季語夏の日差しを浴びてよく茂った木々の葉によって生じた日蔭。

緑の語源は、カワセミの古い呼び名ソニドリにある。ソニとは青い土(に)のことである。

【緑陰の俳句】

緑陰をよろこびの影すぎしのみ  飯田龍太

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA