朝焼(あさやけ)

晩夏の季語 朝焼

朝焼雲(あさやけぐも)

季語朝焼けが出ると雨が降るという。

夕焼と同時期に成立したと考えられるが、「夕焼」を詠んだ句が散見されるのは江戸時代後期になるから、比較的新しい語か。万葉集に安貴王の歌として

秋立ちて幾日もあらねばこの寝ぬる朝明の風は手本寒しも

が載るが、朝焼け自体はこの「朝明(あさけ)」が転訛したものなのかもしれない。

鳩とゐて朝焼雀小さしや  石田波郷



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA