春の雨(はるのあめ)

三春の季語 春の雨

春雨(はるさめ・しゅんう)

季語万葉集にはすでに春雨が歌われている。よみ人しらずではあるが、

春雨のやまず降る降る我が恋ふる
人の目すらを相見せなくに

などがある。また、嘉永年間 (1848年~1855年) に流行した端唄に「春雨」がある。

春雨にしっぽり濡るる鶯の
羽風に匂う梅が香や
花にたわむれしおらしや
小鳥でさえもひと筋に
ねぐら定めぬ気はひとつ
わたしゃ鶯 主は梅
やがて身まま気ままになるならば
さあ鶯宿梅ぢゃないかいな
さあ何でもよいわいな

傘ささぬ人のゆききや春の雨  永井荷風
春雨やものがたりゆく蓑と傘  与謝蕪村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA