若葉(わかば)

初夏の季語 若葉

新緑(しんりょく)

季語生えたばかりの葉を言うが、若さ・新しさ・青さの象徴に用いられることもある。万葉集には見られず、一説には源氏物語での造語とも。源氏物語では玉鬘の歌として、

若葉さす野辺の小松を引き連れてもとの岩根を祈る今日かな

を載せる。

あらたうと青葉若葉の日の光  松尾芭蕉



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA