氷柱(つらら)

晩冬の季語 氷柱

垂氷(たるひ)

季語曲亭馬琴の「俳諧歳時記栞草」に、友人の佐保介我が「つらゝは、つらつらのつづまり。氷のすべる様を形容している」と言ったとある。根拠として、源氏物語の末摘花の

朝日さす軒のたるひはとけながら などかつららのむすぼゝるらむ

を載せる。古くは「つらら」は「氷」、「たるひ」は「氷柱」を指して、明確に区分されていたと考えられる。

氷柱痩す刻のかけらを落しつぎ  渡邊千枝子

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA