秋の日(あきのひ)

三秋の季語 秋の日

秋日(あきひ)秋の入日(あきのいりび)

季語秋の一日のことであり、秋の太陽のことでもある。秋も深まるにつれ、暮れやすく、慌ただしく感じる。
加藤暁台の俳諧集に、蕉門の「冬の日」にならって編集された「秋の日」(1772年刊)がある。

▶ 関連季語 秋

濃き秋日何かたのしくわからなく  星野立子

インターネット歳時記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA