星野立子

ほしのたつこ

高浜虚子の次女で4T

1903年(明治36年)11月15日~1984年(昭和59年)3月3日。東京府麹町区富士見町(千代田区)出身。高浜虚子の次女。1925年に「文学界」主宰・星野天知の息子で鎌倉彫職人の星野吉人と結婚。星野椿の母。結婚後、虚子のすすめで22歳より作句。1930年、「玉藻」創刊・主宰。1932年、ホトトギス同人。中村汀女橋本多佳子三橋鷹女とともに四Tと称された。2012年に星野立子賞が設立された。

1970年10月に脳血栓で倒れ、右半身が麻痺したために、左手に持ち替えた鉛筆で俳句を綴り、最後に「春寒し赤鉛筆は六角形」と詠む。脳血栓で倒れる20年ほど前、50歳を目前にして詠んだ「雛飾りつゝふと命惜しきかな」の句碑が、墓所である鎌倉の寿福寺に建てられている。昭和59年の桃の節句に、直腸癌で死去。享年80。

▶ 星野立子の俳句

俳句

 インターネット歳時記